トピックス

レブコム、東京都主催の「X-HUB TOKYO」の シンガポール進出支援コースに採択されました

2020年11月4日
株式会社RevComm

音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を提供する株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、​東京都主催のグローバルアクセラレーター「X-HUB Tokyo」のシンガポール進出支援コースに採択されました。

X-HUB TOKYOは、東京と世界のイノベーションエコシステムを繋ぎ、新たな時代を切り拓くスタートアップをアクセラレートする、デロイトトーマツ運営によるプラットフォームです。
東京発グローバルスタートアップとなるポテンシャルのある起業家を対象に、都内のスタートアップに対して海外のマーケット攻略に必要な情報、大企業・VC等との人的ネットワーク、メンタリング、ピッチ等の機会を提供するとともに、海外スタートアップと都内企業等との交流を実施しています。
※本事業は、東京都から委託された有限責任監査法人トーマツと、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)が共同で運営いたします。
・URL:http://ah112csvxu.smartrelease.jp/

■RevCommについて
「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」をミッションに、営業におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク化を実現する音声解析AI電話「ミーテル」を提供しています。2020年にはGoogle for Startups Acceleratorに採択され、2019年にはB-Dash Camp2019、TechCrunch Tokyoにて優勝、日本HR大賞や東京都主催世界発信コンペティションなどの様々な大会で入賞。ミーテルはサービスリリース約供開始約1年半で12,000ユーザーにご利用いただいております。

■ミーテルについて
ミーテルは電話営業やコールセンター業務における、会話のラリーの回数や、話す量・聞く量、会話のジャンル、声の高低・遅速などをAIで検出し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率向上を実現するIP電話システムです。
顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。担当者自ら学ぶセルフコーチングツールとして、リモートワーク環境の早期構築ツールとして幅広い業界でご活用いただいております。

・公式サイト:https://miitel.jp
・資料請求:https://miitel.jp/document-request/
・サービス紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=n_RXzx8MBGw

【会社概要】
社 名 : 株式会社RevComm(RevComm Inc.)
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
代表者 : 會田 武史
URL:https://www.revcomm.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社RevComm
広報担当:藤村
TEL:03-4405-4621
E-mail:pr@revcomm.co.jp